サポート延長申請(paypal)

延長申請とインストール台数追加の両方をご希望の方はインストール台数追加サービスをお買い求め下さい、
有効期限が追加サービスの「購入日」から4ヶ月後に更新され、更にインストール台数も加算される為、お得です。

ただしアカウント失効済みの台数追加出来ない為、インストール台数追加ではなく、各マクロの再購入をお願い致します。

↓↓↓↓インストール台数追加はコチラ↓↓↓↓

定期コース(1ヶ月)

定期コース(3ヶ月)

定期コース(6ヶ月)

価格500円

(税込/1ヶ月延長)

 

※ご契約時に1ヶ月分有効期限を延長します、
以降1ヶ月おきに自動で1ヶ月分延長されます。
※移動先で「購読する」と表示されますが
延長申請出来ますのでご安心下さい。

価格1,450円

(税込/3ヶ月延長)

 

※ご契約時に3ヶ月分有効期限を延長します、
以降3ヶ月おきに自動で3ヶ月分延長されます。
※移動先で「購読する」と表示されますが
延長申請出来ますのでご安心下さい。

価格2,800円

(税込/6ヶ月延長)

 

※ご契約時に6ヶ月分有効期限を延長します、
以降6ヶ月おきに自動で6ヶ月分延長されます。
※移動先で「購読する」と表示されますが
延長申請出来ますのでご安心下さい。

 

通常コース(1ヶ月)

通常コース(3ヶ月)

通常コース(6ヶ月)

価格550円(税込/1ヶ月延長)

 

※ご契約時に1ヶ月有効期限を延長します。
※サポート期間を「有効期限切れ日」から1ヶ月延長します、
【注意!】サポート期間が切れてから1ヶ月以上経過された方は延長できません!
再度サポートをご希望の場合はマクロの再購入をお願い致します。

価格1,600円(税込/3ヶ月延長)

 

※ご契約時に3ヶ月有効期限を延長します。
※サポート期間を「有効期限切れ日」から3ヶ月延長します、
【注意!】サポート期間が切れてから1ヶ月以上経過された方は延長できません!
再度サポートをご希望の場合はマクロの再購入をお願い致します。

価格3,000円(税込/6ヶ月延長)

 

※ご契約時に6ヶ月有効期限を延長します。
※サポート期間を「有効期限切れ日」から6ヶ月延長します、
【注意!】サポート期間が切れてから1ヶ月以上経過された方は延長できません!
再度サポートをご希望の場合はマクロの再購入をお願い致します。

定期コースにつきまして

以降の延長手続きが一切不要!

定期コースは自動で支払と延長申請が行われる為、契約後は毎回の延長手続きが一切不要になります、
自動で延長されるため手続きの手間が省ける他、申請をし忘れてアカウント失効する心配がありません、
継続したサポートをご希望のお客様にお勧めです。

期限切れ前からお申し込み可

サポート期間中でサポート有効期限が切れる前でも延長申請が可能です、
事前に延長申請しても、サポート期間が短くなることはありませんのでご安心下さい。

いつでも解約可

定期コースはご利用状況に合わせていつでも解約が可能です。

ただし期間限定プランをご契約の場合、解約前の価格で再契約できない場合が御座います。

定期コースや三ヶ月延長は割引!

定期コースは通常コースよりも割引されます、またまとめて延長することで更に割引されます。

サポート延長申請の方法

延長申請はマクロのフォルダにある「【サポート延長】延長申請ツール」から行います、
paypal経由のURLを選択した場合、本ページへ移動します。
ヤフオク経由の場合は<<<コチラ>>>

 

購入先URL(青文字)をクリック後、お好みのコースを選択し料金のお支払いをお願いいたします。

 

お支払い後は登録頂いたメールアドレス宛に支払明細が届きます、
下記いずれかの情報を入力したあとに「OK」を押してください。
尚、本ページからお支払い頂いた場合はpaypal経由となります。

 

「paypal」の場合

・「個人設定ID(自動請求ID)」 または
・支払い明細を受信した「メールアドレス」 (お支払時に登録頂いたアドレス)

取引IDでは取引情報の称号が出来ない為、ご注意ください!

 

 

今後のサポート体制とサポート期間に関しまして

サポートの有効期限は原則、購入から4ヶ月とお伝えしておりましたが、
これまでは有効期限が切れたサポート期間外のお客様も全員サポートを続けておりました、
しかしサポートにかかる経費や時間的コストなどの兼ね合いで、
全てのお客様を永続的にサポートし続けることが困難になった為、
各種サポートサービスは有効期限内のお客様限定とさせていただきます、
無料サポート期間の4ヶ月経過後もサポート継続をご希望の方はサポートの延長申請をお願いいたします。

 

尚、残りのサポート期間は各マクロの起動時や「【サポート延長】延長申請ツール」にて確認可能です。

有効期限が切れてもマクロの稼働自体は可能です。

有効期限が切れてから32日以上経過するとアカウントは延長申請が出来なくなりますのでご注意ください。
※延長申請が出来なくなることをアカウント失効と呼びます

複数アカウントをお持ちの方は、延長申請後、アカウントの統合を併せて申請されることをお勧めいたします。
※詳細は後述の「有効期限に延長に関するルール」内の「アカウントの統合につきまして」の項をご参照ください

アカウントとはマクロ起動に使用する「ログインID」のことです
※10/12 アカウントと記載された部分に(ログインID)の注釈を追記しました

 

各種サポートサービスの詳細

サポート期間中のお客様は下記のサポートを受けることが出来ます。

サポート期限切れ後/アカウント失効後もマクロの稼働自体は可能です。

受けられるサービス一覧

・最新版への自動アップデート
・追加機能のご要望への対応
・各種不具合への対応
・ログイン障害への対応
・使用パソコンの変更
・アカウント情報の変更/再発行
・アカウントの統合
・サービス終了時のマクロ稼働

 

最新版への自動アップデート

サポート期間中は、常に最新版のマクロへ自動アップデートが可能です。

 

追加機能のご要望への対応

マクロの追加機能に関するご要望を承ります。

※ただし技術的に難しい場合や工数が非常に多い作業となる場合、お断りさせて頂く場合が御座います。

 

各種不具合への対応

マクロの各種不具合修正を承ります、報告方法の詳細につきましては、「【不具合報告先】.txt」をご参照ください。

 

ログイン障害への対応

Start_appやサーバーやサーバー依存のログイン障害が発生した際、
修正プログラムの配布や更新版の配布などをさせて頂きます。

 

使用パソコンの変更

パソコンの故障や買い替えた場合など、使用するパソコンを変更したい場合に、
アカウントへのインストール状況を初期化し、別のパソコンで利用可能にするサポートを受けられます。

 

アカウント情報の変更/再発行

アカウントのログインIDやパスワードを紛失してしまった際、ログインIDやパスワードの再発行や変更を承ります。

 

アカウントの統合依頼

二つ以上のアカウントをお持ちの場合、各種マクロの稼働権を一つのアカウントに一本化するアカウントを統合を承ります。
※アカウントを統合することで延長申請のコストを1アカウント分に減らすことが出来ます。
※詳細は後述の「有効期限に延長に関するルール」内の「アカウントの統合につきまして」の項をご参照ください

 

サービス終了後のマクロ稼働

売り上げ不振やご利用中のお客様が極端に減った場合など、
サービス継続が困難と判断された際、マクロの販売やサービス自体を終了する場合が御座います。
サービス終了後はマクロが起動出来なくなりますが、サポート期限内のお客様に限り、
サポート期限中はサービス終了後もマクロがご利用頂けます。

※ただしサービス終了後は不具合修正やご要望をお断りさせて頂く場合がございます。

有効期限に延長に関するルール

サポート有効期限とは

マクロを新規に購入された際、サポートの有効期限切れ日は「購入日」から四ヶ月後に設定されます、
「有効期限切れ日」の前日までがサポート期間となります。

※有効期限の確認はマクロの起動時のメニューや「【サポート延長】延長申請ツール」で確認可能です。
※延長申請は「【サポート延長】延長申請ツール」から行ってください。

 

マクロの複数購入時のサポート対象につきまして

サポート期限はアカウント(ログインID)ごとに設定されています、
同じアカウント(ログインID)で複数のマクロを起動されている場合、
サポート期間内であれば、起動出来るマクロ全てがサポート対象になります。

例:グラブル(1台目)/グラブル(2台目)/ポーカー/FFBEのマクロを購入済みの場合

ログインID:testA 起動出来るマクロ:グラブル(1台目)/グラブル(2台目)/ポーカー/FFBE 期限:6月1日
期限の6月1日まで グラブル(1台目)/グラブル(2台目)/ポーカー/FFBE 全てのマクロがサポートを受けられます。

また異なるアカウント(ログインID)をお持ちの場合、アカウント統合申請することで、
アカウント(ログインID)を統一し、サポート延長の費用を抑えることが出来ます、
詳細は後述のアカウント統合の項をご参照ください。

 

サポート期間中(有効期限切れ前)の延長申請につきまして

サポートの延長申請は、サポート期限が切れる前から可能です、
事前に延長申請しても、サポート期間が短くなることはありませんのでご安心下さい。
※「有効期限切れ日」から有効期限を延長する為

例:有効期限:6月12日の状態で6月1日に延長申請する場合

通常コース(1ヶ月)1個購入し、有効期限を期限切れ日の「6月12日」から1ヶ月後の「7月12日」に延長
有効期限前日の7月11日までサポート可

 

定期コースによる延長申請につきまして

一定期間おきに自動的に有効期限が延長されます。

例:定期コース(1ヶ月)を申請する場合

申請日6月1日 に 有効期限:6月12日 で 定期コース(1ヶ月)を申請し 有効期限:7月12日に更新

 

↓↓↓1ヶ月後↓↓↓

 

7月1日 に 自動的に 有効期限:8月12日に自動更新
以降1ヶ月ごとに繰り返し

例:定期コース(3ヶ月)を申請する場合

申請日6月1日 に 有効期限:6月12日 で 定期コース(3ヶ月)を申請し 有効期限:9月12日に更新

 

↓↓↓3ヶ月後↓↓↓

 

9月1日 に 自動的に 有効期限:12月12日に自動更新
以降3ヶ月ごとに繰り返し

例:定期コース(6ヶ月)を申請する場合

申請日6月1日 に 有効期限:6月12日 で 定期コース(6ヶ月)を申請し 有効期限:12月12日に更新

 

↓↓↓6ヵ月後↓↓↓

 

12月1日 に 自動的に 有効期限:翌年の6月12日に自動更新
以降6ヶ月ごとに繰り返し

 

有効期限が切れ時の制約につきまして

有効期限切れ後は下記の各種サポートと自動アップデートが受けられなくなります、
延長申請を行い有効期限内にすることで再度各種サービスが受けられます。

有効期限が切れた後でもマクロの稼働自体は可能です。

期限切れ後に受けられなくなるサービス一覧

・最新版への自動アップデート
・追加機能のご要望への対応
・各種不具合への対応
・ログイン障害への対応
・使用パソコンの変更
・アカウント情報の変更/再発行
・アカウントの統合
・サービス終了時のマクロ稼働

 

有効期限が切れた後の延長申請につきまして

サポート有効期限が切れた後に延長申請を行った場合、「延長申請を行った日」から有効期限を延長致します、
ただし有効期限切れから32日以上経過した場合、アカウントが失効し、
以降は延長申請が出来なくなり、マクロの起動のみ可能となります、
アカウント失効の詳細は後述の「アカウントの失効につきまして」の項をご参照下さい。

例:有効期限:6月12日の状態で7月1日に延長申請する場合

通常コース(1ヶ月)1個購入し、有効期限を申請日の「7月1日」から1ヶ月後の「8月1日」に延長
有効期限前日の7月31日までサポート可

例:有効期限:6月12日の状態で7月24日に延長申請する場合

有効期限切れから32日以上経過し、アカウント失効した為、延長申請できません、
以降はサポートサービスを受けることは出来ず、マクロは起動のみ可能となります、
再度サポートをご希望の場合はマクロの再購入をお願いいたします

 

アカウントの失効につきまして

期限切れ後から32日以上経過した場合、アカウント失効し延長申請が出来なくなり、マクロの起動のみ可能となります、
以降当該アカウントでは購入済みのマクロのアップデートやサポートを一切受けることが出来なくなります
再度サポートをご希望の場合はマクロの再購入をお願いいたします。

アカウント失効後でもマクロの稼働自体は可能です。

アカウント失効後、出来なくなること一覧

・最新版への自動アップデート
・追加機能のご要望への対応
・各種不具合への対応
・ログイン障害への対応
・使用パソコンの変更
・アカウント情報の変更/再発行
・アカウントの統合
・サービス終了時のマクロ稼働

※そのアカウントで購入済みのマクロ全てがアカウント失効の対象になるますのでご注意ください

 

アカウントの統合につきまして

既に複数のアカウント(ログインID)をお持ちの場合、サポート期間中に限り、アカウントの統合を承ります、
延長申請が必要なアカウント(ログインID)を一本化出来るため非常にお得です。

※統合するアカウント(ログインID)全てがサポート期間内である必要があります。
※失効したアカウントは統合することはできません。
※統合アカウントの有効期限は、アカウント内で最も有効期限が先の日付に設定されます。

例:統合可能な時期について

・統合前
ログインID:testA 稼働可マクロ:グラブル 期限:6月12日
ログインID:testB 稼働可マクロ:FFBE 期限:5月1日
・統合後
ログインID:testA 稼働可マクロ:グラブル/FFBE 期限:6月12日
※どちらのマクロもtestAでログイン可能
ログインID:testB testAに統合した為、ログイン不可

 

5月1日まで統合可、5月2日以降は統合不可
ただしアカウントBを1ヶ月延長申請してサポート期間内にすることで統合可能になります。

 

アカウントBを1ヶ月延長申請した場合

・統合前
ログインID:testA 稼働可マクロ:グラブル 期限:6月12日
ログインID:testB 稼働可マクロ:FFBE 期限:5月1日→一ヶ月延長で(6月1日に)
・統合後
ログインID:testA 稼働可マクロ:グラブル/FFBE 期限:6月12日
※どちらのマクロもtestAでログイン可能
ログインID:testB testAに統合した為、ログイン不可

 

6月1日まで統合可、6月2日以降は統合不可

例:アカウント統合時の有効期限設定

ログインID:testA 購入マクロ:グラブル 期限:6月12日 ←先の日付が優先
ログインID:testB 購入マクロ:FFBE 期限:5月1日
統合後
ログインID:testA 購入マクロ:グラブル・FFBE 期限:6月12日
※どちらのマクロもtestAでログイン可能
ログインID:testB testAに統合した為、ログイン不可

 

マクロを追加で購入された際のルール

※10/12 追加購入のルールが分かり難いとご指摘を受けた為、追加購入ルールを簡略化致しました。
別種のマクロや同じマクロを追加購入された際、いずれをご希望かお申し付けください。

 

@既存のアカウント(ログインID)を利用
A新規のアカウント(ログインID)を作成する

※新規アカウント作成時、有効期限は購入から四ヶ月後に設定されます。

 

特にご希望がない場合、下記のルールに従ってアカウントを作成させていただきます。

 

購入済みのアカウントが有効期限内の場合

現在お持ちのアカウントにマクロの稼働権を付与させて頂きます

例:有効期限内でマクロを追加購入された場合

購入前
ログインID:testA 購入マクロ:グラブル 期限:6月1日
購入後
ログインID:testA 購入マクロ:グラブル/FFBE 期限:6月1日
※どちらのマクロもtestAでログイン可能

購入済みのアカウントが有効期限外、もしくは失効している場合

新規のアカウントを作成し、購入日から四か月後に有効期限を設定させていただきます。

例:有効期限が3月1日に切れた状態で4月1日に購入された場合

購入前
ログインID:testA 購入マクロ:グラブル 期限:3月1日
購入後
ログインID:testA 購入マクロ:グラブル 期限:3月1日
ログインID:testB 購入マクロ:FFBE 期限:8月1日

有効期限切れ時に制限される機能

<<<コチラ>>>にまとめましたのでご参照ください。

サポート延長申請(paypal)

定期コース(1ヶ月)

定期コース(3ヶ月)

定期コース(6ヶ月)

価格500円

(税込/1ヶ月延長)

 

※ご契約時に1ヶ月分有効期限を延長します、
以降1ヶ月おきに自動で1ヶ月分延長されます。
※移動先で「購読する」と表示されますが
延長申請出来ますのでご安心下さい。

価格1,450円

(税込/3ヶ月延長)

 

※ご契約時に3ヶ月分有効期限を延長します、
以降3ヶ月おきに自動で3ヶ月分延長されます。
※移動先で「購読する」と表示されますが
延長申請出来ますのでご安心下さい。

価格2,800円

(税込/6ヶ月延長)

 

※ご契約時に6ヶ月分有効期限を延長します、
以降6ヶ月おきに自動で6ヶ月分延長されます。
※移動先で「購読する」と表示されますが
延長申請出来ますのでご安心下さい。

 

通常コース(1ヶ月)

通常コース(3ヶ月)

通常コース(6ヶ月)

価格550円(税込/1ヶ月延長)

 

※ご契約時に1ヶ月有効期限を延長します。
※サポート期間を「有効期限切れ日」から1ヶ月延長します、アカウント失効済みの場合、延長出来ない為ご注意下さい。

価格1,600円(税込/3ヶ月延長)

 

※ご契約時に3ヶ月有効期限を延長します。
※サポート期間を「有効期限切れ日」から3ヶ月延長します、アカウント失効済みの場合、延長出来ない為ご注意下さい。

価格3,000円(税込/6ヶ月延長)

 

※ご契約時に6ヶ月有効期限を延長します。
※サポート期間を「有効期限切れ日」から6ヶ月延長します、アカウント失効済みの場合、延長出来ない為ご注意下さい。

延長申請とインストール台数追加の両方をご希望の方はインストール台数追加サービスをお買い求め下さい、
有効期限が追加サービスの「購入日」から4ヶ月後に更新され、更にインストール台数も加算される為、お得です。

ただしアカウント失効済みの台数追加出来ない為、インストール台数追加ではなく、各マクロの再購入をお願い致します。

↓↓↓↓インストール台数追加/再購入はコチラ↓↓↓↓